Translate:

花火観覧クルーズ

2018年8月4日、「みなとこうべ海上花火大会」の花火観覧クルーズを行いました。兵庫県政150周年記念の年を記念して花火も15,000発と例年より多い数。何もさえぎるもの、混雑のない、海の上から快適にバッチリと花火を見ることができました。

夕方、明石港を出港。天気も良く、明石海峡大橋をくぐり、ふりかえれば橋と真っ赤な夕陽。神戸港沖に着くころには太陽も沈み、くらい夜空になったころ花火開始。夏の夜にはえる花火を、空調のきいた船内から眺めるひと、気持ちよいオープンエアーの甲板から見る人ひと、思う存分観覧できました。

混雑無縁で、ゆったりとお弁当、おやつを食べながら、またビール、ワイン、ジュースを飲みながら、それぞれ夜空に輝く花火と、その下の神戸の街並みの光の美しい景色を堪能してぜいたくな時間を過ごしました。

クルーズにはジェノバラインの「まりーんふらわあ2」を使用。(出港前、明石港停泊中の同船)

出港後、明石海峡大橋をくぐってふりむけば、真っ赤な夕陽。

神戸港へ向け、須磨沖をクルーズ

神戸港沖に到着。カメラスタンバイOK。

花火15,000発。堪能しました。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

また2019年も、花火クルーズの企画をしていきたいと思います。ぜひまた参加してくださいね!

トピックス, 国内旅行

Posted by jenovatourist.com